スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽系を離れたはずのパイオニア10号が、謎の力によって太陽の方向に引き戻されている

太陽系を離れたはずのパイオニア10号が、謎の力によって太陽の方向に引き戻されている


1983年に我々の太陽系を離れたはずのあのパイオニア10号が、ゆっくりとではありますが、
謎の力によって太陽の方向に引き戻されているようです。

重力じゃない、何か不思議な力。いや、謎のフォースによって...。

重力の1000万倍もの弱い力で探査機を引っ張っているようですが、ほとんど知覚できない
らしいです。これは新自然物質なのかもしれません。あ、もしや暗黒物質?
計測器の不調や重力といったものが原因ではないとテレグラフ紙が報告しています。

“学者は、探査機の小さなロケットモーターから排出されるガスやその原子炉から漏出した
熱のせいではないかと始めは疑ったが、そのどちらの線でもなかった。調査チームによると
現在ある理論では、この力が持続する理由は説明できないと伝えている。なぜなら、重力で
も太陽放射の影響でもそれらのような力は距離とともに急速に減っていくものだからだ。”

地球から70数億マイル先にあるパイオニア10号を追跡している科学者によると、探査機の
スピードは現在時速43452キロメートルで、約1世紀ごとに時速9.65キロメートルの力が減って
いっているそうです。

この宇宙の引力を調べているスタンフォード大のDuncan Steel博士のような科学者が、我々が
重力や宇宙、そして万物について十分な知見を持っているのかどうか質問を投げかけるのに
十分意味のある発見なのではないでしょうか。

なんなんでしょう。今のところ謎のフォースの力としか説明がつかないというか...。
(あ、いや違うんでしょうけど。)

ソース:Gizmodo
http://www.gizmodo.jp/2010/10/10.html

もしかして、ダークマターか。。。
スポンサーサイト

第2の地球?20光年先に最も似た惑星

第2の地球?20光年先に最も似た惑星


生物の生存に適した惑星(手前)の想像図。奥の赤い恒星「グリーズ581」の周りを公転(Lynette Cook氏作成、全米科学財団提供) 【ワシントン=山田哲朗】太陽系外の惑星の中で、最も地球に似た惑星が発見された。

 生命の生存に適した条件を備えていると考えられる。米カリフォルニア大などの天文学者が29日、専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル」に発表した。

 この惑星は、地球から20光年の距離にある小さな恒星「グリーズ581」の周りを公転している。恒星のわずかなふらつきをハワイの望遠鏡で11年間観測し、惑星の存在を割り出した。

 この恒星系には惑星は少なくとも6個あるが、新たに見つかった惑星は恒星との距離がちょうどよく、水が液体の状態で存在していると推測される。片面だけが常に恒星の方を向いており、気温は70度~零下30度の間という。地球の3倍の質量で、重力も適当なため大気も保たれていると考えられ、これまでに見つかった約500の系外惑星の中で、最も生物の生存に適している。

(2010年9月30日11時21分 読売新聞)

おらわくわくしてきたお

神戸大震災について

 「本震は”双子地震” 地下破壊、1秒後に2度目
  兵庫県南部地震の強い揺れは大小2回に分かれ、それぞれ別の断層の運動によって引き起こされた”双子地震”だった事が、横浜市立大の菊池正幸教授の地震計ダータの分析で分かった。菊池教授は『淡路島で見つかった野島断層の動きだけでは今回の地震は説明出来ない。今後の大きな余震がどこで起こるか等を知る上でも、別の断層の探査が急務だ』と、指摘している。
  菊池教授は、同大学や米国、オーストラリア等の地震計が記録した兵庫県南部地震の波形を分析、本震を引き起こした地下の破壊が、二段階で起こった事を突き止めた。初めの破壊は、約5秒間で、その約1秒後から約4分間、次の破壊が続いた。かかった力は共に東西の圧縮力で、破壊が進んだ方向も北東方向で同じだが、微妙に異なる。初めの破壊で出されたエネルギーの方が大きかった。
  菊池教授によると、報告されている淡路島の断層の動きだけでは二番目の破壊を説明出来ず、明石海峡か兵庫県の瀬戸内海側で別の断層が動き、神戸市の直下で破壊が止まったと考えられた。菊池教授は『最大の余震は、破壊が止まった先端部で起こる事が多いし、しわ寄せを受けて別の断層が動く可能性もある。海底での別の断層の調査等が必要だ』と話している」
(「産経新聞」平成7年1月21日付)


地震直前に赤い稲妻が走った!
「細く薄い雲のような物が、空の石(西)から左(東)に向け、さっと走った。その直後。三回、雲越しに稲光のような光が見え、激しい揺れでハンドルをとらえた」
(震源から約40キロ東の伊丹市を南に向けて走行中だったタクシー運転手の吉井好雄さん--37歳-)
「雷が落ちた様にピカッと白い光が目に飛び込んできた」(震源地近くの明石海峡付近で底引き網漁をしていた淡路島・淡路町の大平憲次郎-48歳)
「カメラのストロボをたいたときのように明るくなった」(西宮市から通勤途上だった会社員-48歳)
「日本経済新聞」1月17日付夕刊による)

地震に注意

明日は、いよいよ14日です。

地震があるかもしれません
十分お気を付けください

海岸には近づかないほうがいいかと思います

え ? 
なぜそう思うか。。。

知りたい方はこちらをお読みください
詳しく説明されています

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。